WordPress が人気の理由

WordPressはブログを公開するソフトで本体は無料です。商用利用も認められており他の無料ブログは、商用利用ができない、自動広告が挿入されます。
WordPressはソースコード「プログラム」が無償で公開しており、商用・非商用を問わず自由に改良・再配布することが認められています。このようなソフトを「オープンソース」といい、世界中の有志たちによって今後も改良が続けられています。

従来ではhtmlやMarkdown記法に慣れた方が使う「テキストモード」と「ビジュアルモード」の 2つがあり、エディタ内でモードを切替えて使い分けることが出来ました。WordPress5.0以降では新エディタGutenberg(グーテンベルク)になりインターフェイス自体が刷新され、従来のビジュアルモードをより直感的に扱えるようになりました。

ブロックエディタの最大の特徴は、コンテンツを「ブロック」毎の単位で作業をすることです。

ブログ全体のデザインやレイアウトを決めたテンプレートのことを「テーマ」といい公式サイトには数多くのテーマが登録されています。これらを「公式テーマ」といい、テーマは無料で利用することができます。

WordPress.orgテーマ

さらにWordPress本体には備わっていない便利な機能を追加するプログラム「プラグイン」を使って機能を手軽に追加することができます。
プラグインには、「サイトマップ」を生成する機能、「問い合わせフォーム」を設置する機能その他各種のプログラムが利用できます。一般的なホームページ作成は、専用ソフトをパソコンにインストールして使いますが、WordPressはサーバー(通常はサーバー会社)の場所にインストールします。

新しいエディターGutenberg(グーテンベルク)での操作が苦手で 旧エディターに戻して作業したい場合はwor旧エディターを使用するプラグインで「classic editor」をインストールして『有効化』を行えば作業することが出来ます。

WordPress.org

Gutenberg の使い方は、HPCode はにわまんさん↓の詳しい説明がお勧めします。

WordPressのバージョンアップは常に最新のものに更新しておきましょう。

 

Wordpres s5.7は「エスペランサ」にバージョンアップされました。