映画 “Tammy and the Bachelor” (邦題: タミーと独身者) の中で、デビー・レイノルズが歌いました。

TAMMY

私にはハコヤナギが上でささやいているのが聞こえる
 「タミー! タミー! タミーは恋しているね」
フクロウ爺さんが鳩にむかってホーホーと鳴いている
 「タミー! タミー! タミーは恋しているね」0

あの人は私の気持ちを感じてくれるかしら:彼が近づいたときに?
私の心は喜びに打ち震えそれが彼には聞こえそうよ。
私の思いを彼が気付いているか知りたいの、
 タミー、タミー、タミーは恋してるんだ!

ホイッパーウィルさん、ホイッパーウィルさん、互いに知っているわね (※1)
 タミー! タミー! 彼を行かせては駄目だよ!
入江からのそよ風が低くささやき続ける、(※2)
 「タミー! タミー! 彼を愛してるね」

夜が優しく暖かいときは、私は彼に魅了されたいと焦がれるの。
彼の腕に抱かれたらヴァイオリンみたいに歌いだしそうよ。
私の思いを彼が気付いているか知りたいの、
 タミー、タミー、タミーは恋してるんだ!

※1:whippoorwill 北米のホイッパーウィルヨタカ(鳥)
※2:bayou 米国南部の河、湖、湾の沼のような入江;バイユー;緩流河川
作詞、作曲:ジェイ・リヴィングストン、レイ・エヴァンス Jay Livingston, Ray Evans
出典: 映画 Tammy and the Bachelor (1957) にてデビー・レイノルズが歌う

Tammy

I hear the cottonwoods whisperin’ above,
Tammy … Tammy … Tammy’s in love
The ole hooty-owl hooty-hoos to the dove,
Tammy … Tammy … Tammy’s in love

Does my lover feel
What I feel
When he comes near?
My heart beats so joyfully,
You’d think that he could hear

Wish I knew if he knew
What I’m dreamin’ of
Tammy … Tammy … Tammy’s in love

Whippoorwill, whippoorwill, you and I know
Tammy … Tammy … can’t let him go
The breeze from the bayou keeps murmuring low:
“Tammy … Tammy … you love him so”

When the night is warm,
Soft and warm,
I long for his charms
I’d sing like a violin
If I were in his arms

Wish I knew if he knew
What I’m dreaming of
Tammy … Tammy … Tammy’s in love