スマホ対応と制作要領

 

スマホ対応していないサイトはグーグルで順位が下がる?

2015年以降スマホ対応しないホームページは、知らないうちにランキングと閲覧数が下がり機会的損失を生みます。

 

スマホ対応のWEBとは

なぜスマホ未対応のホームページが問題なのでしょうか。 これまでホームページはパソコンの閲覧を想定されて作られスマートフォンでは非常に閲覧しづらいのです。

その理由として・・・

パソコンと比べて画面が小さく、文字や画像も小さく表示され内容が見づらい!

バナーボタンやリンクが小さく、文字の間隔も狭いのでタップ操作がしづらい!

パソコンサイトと比べて、無線の通信速度が遅くページの表示に時間がかかる!

上記のような理由で、スマホでパソコン用ホームページを閲覧すると横にスクロールしたり、画面を指で拡大する必要があり、バナーを押し間違えたりして、いらいら事態が頻発します。

自分のホームページがスマホ対応しているかどうか知りたい方は、貴方のURLをコピペするだけでサイトの表示をチェックできます→ こちら

Googleはホームページがきちんとスマホに対応しているかをチェックするサービス「モバイルフレンドリーテスト」もあります→ こちら

スマホ未対応のホームページは読みづらさで離脱率の上昇、検索順位の下落です。 スマホで検索された場合、スマホ対応していないホームページ(モバイルフレンドリー)でないホームページと判断され順位を下げるバイアスをかけるように、Googleが変更を行ったのです。

検索結果で順位がひとつ違うだけでも、クリック率・集客力が減少します。スマホ未対応のままホームページを放置しておくと集客力を大きく落としてしまいます。

 

モバイル対応されているサイトはSEOで有利になる

Googleは2015年2月、スマホ利用に最適化されたサイトが「モバイルでの」検索結果で優遇されやすくなるように検索アルゴリズムを変更すると発表しました。

googleではスマホの小さな画面でも内容が見やすく、バナーボタンで押しやすい最適化されたホームページを推薦しています。

あなたのホームページをスマホ対応に更新することでSEO効果にも有利となり、快適な表示で閲覧者の増加を期待できます。

 

スマートフォンの登場でWEBサイトに変化

米アップルiPhoneの発売以来、出荷台数は約5670万台を突破、携帯電話全体の約50%を占めています。

スマホは画面が大きく解像度も高く、PCと同じブラウザ環境でホームページを見ることが出来ます。何処でも取引先の情報や、商品やサービスを比較したりする事が簡単に出来る環境になりました。

通勤時間、昼休み、ベッドの上でもホームページは最新情報を消費者に届けられるようになりました。現在はスマホからのアクセスが70% 以上を占める状況にあります。

PCサイトだけのサイトは「なるべく早く自社サイトをスマホ対応させる」ことを考えた方がいいでしょう。PCサイトの場合でも、スマホで見ようと思えば可能ですが、毎回、二本指でピンチする必要があり面倒です。

よほど興味を持っているユーザーでない限り、サイトから直ぐに離脱してしまいます。

検索して訪れてくれたユーザーを逃してしまうことになりますのでスマホ対応を急ぐ事をお勧めします。

 

SEO対策とは

SEOとはサーチエンジン最適化(Search Engine Optimisation)の頭文字です。

サイトを検索する場合検索エンジンを使用しますが、検索結果をページの上位に表示させる手法をいいます。

GoogleやYahooといった検索エンジンは、独自のアルゴリズムで検索結果の並び順を決定しています。その検索方法は、すべてが公開されているわけではありません。特定のキーワードで検索されたとき、検索結果の上位に表示されるよう、ページ内にキーワードを加えたり、他のウェブサイトからのリンクを設定して貰うなど、いろいろなテクニックを用い検索結果に影響を与える要素を設定し、順位が上がるように各要素を最適化する方法をいいます。

SEOについては、こちらの動画をご覧ください。

 

現在の自社サイトをスマートフォンに対応させる方法

1. 現PCサイトをニューアルし最初からスマホに対応させる(サーバー環境調査必要)

2. 現PCサイトを改修してレスポンシブに対応させる(htmlのコーディングの更新必要)

3. PCからアクセスがあった時に表示、スマホからのアクセス時には表示を切り替える

4. スマートフォン用( PCサイトも共用で表示 )のサイトとしてサイトを新規に作成する 。

 

ホームページはCMSまたはHTML?

CMS(wordpress)の管理システムは、HTMLの編集能力が全くなくてもサイトの更新を可能とした技術です。
ワードプレスはアクセスがある度に、ページ生成が行われる動的なサイトですがサーバーへの負荷が高い。
データベースの知識.phpなどの知識が要求され1箇所でもコーディングミスでエラー発生復旧に時間を要す。
アクセス数の多いブログでは、負荷が掛かり見られない状態が発生するなど、閲覧者側のストレスとなる。
ワードプレス運用の悩みはバックアップ、各種ファイルの保存が必要で専用のプラグイン利用など面倒。

 

HTMLサイトの利点とは

本来ウェブサイトのシステムはHTMLとCSSで成立します。ヤフートップページのソースはHTML 4.01 Transitional
HTMLはワードプレスのように頻繁に更新する必要がないサイトであればセキュリティ面で安全性が高い。
HTMLサイトはアップロードしているページを直接見せているだけなので負荷が低い分、表示速度が速い。
HTMLサイトの更新はCMSより非常に簡単でありHTML静的サイトはスムーズに表示され安定性は抜群である。
ワードプレス運用の悩みはバックアップが面倒だがHTMLサイトならパソコンのローカルフォルダ1つの中にコンテンツ構造が全て入っており、フォルダをコピーすればバックアップは一瞬で完了する。


ホームページの安全性

WEBび通信方法「http」と「https」の違いとは

ネットライフでURLの先頭が「http」で始まる場合と「https」で始まる場合がありますが、その理由には大きな違いがあるのです。
HTTP【 HyperText Transfer Protocol 】とは、WebサーバとWebクライアントの間でデータの送受信を行うために用いられるプロトコル(通信規約)の事です。
httpsのsはsecureのs「Hyper Text Transfer Protocol Secure(ハイパーテキストトランスファープロトコルセキュア)」の頭文字でHTTPSとなっています。
SSLを利用したhttp通信で(Secure Socket Layer)「通信内容を秘匿し暗号化する機能」をいいます。
つまりHTTP通信のセキュリティ暗号化した通信の方法がHTTPSです。通信内容が簡単に漏洩しない安全なネットライフを楽しむにはこの違を考慮してサイトを公開しましょう。

常時SSL化でWebサイトの信頼性が向上する!
googleのランキングが向上しSEO効果がある!
常時SSL化されていないWEBサイトにアクセスすると警告が表示され離脱!


ホームページ作成例

ホームページ作成事例はフッター部をご覧ください。