2021-05-03アーカイブ

特報!蘇州相城市に国際学校が開校

 

朗報です。 

相城国際教育は新たなステージへ

日本との協力関係の深化

日本への留学に特化したワンストップサービスを提供

日本と海外のワンストップサービスプロバイダー

信男教育グループ

相模原市に定住!


5月2日(日)上海で蘇州相城経済技術開発区、相城区教育局、信男教育グループ三者による調印式が行われました。

在上海日本国総領事館の磯俣秋男総領事(大使)、上海和僑会の陶勇副会長、湘城区党委員会書記の顧海東氏、党委員会副書記・区長の李晶氏、党委員会常務委員・区長の王蓓蕾氏、党委員会常務委員・党作業委員会副書記・湘城経済技術開発区管理委員会副主任の盛梦龙氏、区教育局局長の耿昌洪氏、信男教育グループ取締役会会長の魯林氏らの立会いのもと、調印が行われました。


今回、湘城市と信男教育グループは、「日本国際カリキュラムセンター」の開設、K12日本国際学校の建設、現地の職業教育と日本の専門学校との連携の実現の3段階で協力していきます。


今後、相城経済開発区、相城区教育局、信男グループは、綿密な締結により、より高いレベルでの交流・協力を実現し、質の高い国際教育資源の定着に積極的に取り組み、質の高い大学の教育を中国の現地で展開して、学校運営に共同で参加するように努力していきます。

魯林氏は、湘城区の日中友好協力の勢いは有望であり、独特な立地の優位性と教育発展のための肥沃な土壌があると述べました。 私たちは、湘城区の学校を運営することに自信と期待を持っており、信男教育グループの協力プロジェクトが一日も早く着地して運営され、中日(蘇州)地方開発協力模範区の質の高い発展に貢献し、良い学校と社会的利益をもたらすことを願っています。 この学校が湘城区、さらには蘇州市の新たな教育の特色となり、中国と日本の国際交流・協力に貢献できるよう、私たちは必ずや全力を尽くします。と述べました。


顧海東氏は、ここ数年の湘城区における日中友好協力の積極的な模索と段階的な成果を来賓に紹介しました。 顧海東氏は、現在の湘城区における日本の投資プロジェクトは急速に集まっており、日中の人的、文化交流はますます緊密になり、日本のビジネス環境は常に最適化されていると述べました。 信男教育グループと相城経済開発区の調印式は、相城における日中の開発協力の新たな段階を示すものであり、また、相城の教育の発展に新たな飛躍をもたらすものでもあります。 私たちは、中国と日本の友好的な協力関係が永遠に続くことを願っています。また、皆さんが頻繁に相城に来て、楽しい時間を過ごしてくれることを願っています。と述べました。


磯俣秋男氏は、近年、相城区の日本への開放と協力が強化されており、今回、信男教育グループが相城区と手を組んだのは、まさに「適切な時・適切な場所・適切な人」と言えるだろうと語りました。 信男教育グループは、教育に関する豊富な経験と革新的なアイデアを持っており、相城区の発展の勢い、スピード、効率は素晴らしいものがあります。 今回の協力で、子どもたち一人ひとりの個性や能力を発揮させるために、教材に応じた指導の考え方を今後も深めていただきたいと思います。 私たちはこれまで同様、プロジェクトの早期実施と相城での開花を支援していきます。 最後に、日中の友好と協力が新たな段階に到達し、相城の明日がますます良くなることを願っています、と述べました。


信男国際教育グループ

信男国際教育は、九州大学の教育学博士であり、上海和僑会の海外会員であり、魯林氏によって設立されました。

日本文化教育連盟の認定・公認を受けた、外国人教師による「2+1.5日本高校留学」の国際コースに特化しています。 上海、深圳、成都、長沙などの公立・私立高校の国際部と協力して、日本留学コースを実施しています。 私たちは、日本と海外への留学を一貫して提供する専門教育機関です。


Copyright 2021 (C) Smile kubo All Right Reserved.